腸内環境乱れていませんか?腸が元気になると脳も元気に。│ファスティングをオススメする理由

腸内環境

腸内環境とは?

腸には約100兆個の細菌がいるといわれており、善玉菌、悪玉菌、日和見菌と主に3つに分類されます。これらの菌のバランスが良い状態に保つことがとても大切です。つまり善玉菌が優勢な状態が腸内環境をよくすることに繋がります。そのためには善玉菌のエサになる植物性の乳酸発酵食品を摂取することはもちろん、食物繊維や水分の摂取に関しても非常に大切になります。

悪玉菌が増えてしまうと

悪玉菌は肉類が大好物で、偏った食生活では腸内環境が乱れてしまいます。最近では”糖質制限ダイエット”の影響で、糖質を抜く代わりに、お肉は好きなだけ食べるといったやり方が勧められていることから、悪玉菌を増やし、腸内環境を悪くする原因となっている可能性があります。
悪玉菌は動物性たんぱく質をエサにして腐敗を起こし、アンモニアやインドール、スカトールなどの有害物質をつくります。これらの有害物質は臭いおならを出すだけでなく、腸粘膜の細胞を傷つけたり、解毒機能をもつ肝臓の機能を弱らせる原因ともなりえます。また、肝臓で吸収できなかった有害物質が体中をめぐり、老化や生活習慣病を引き起こすことも考えられます。また、悪玉菌は腸内をアルカリ性にして免疫機能を低下させます。

悪玉菌が多くなる現代人の食生活

悪玉菌が多くなってしまう最大の原因は「飽食」にあります。
昔の人は、味噌やぬか漬けなどの発酵食品、新鮮な野菜、玄米など、酵素をたくさん含んだ食事をしていました。
一方現代では、加工食品やファストフードなどで、食生活が欧米化し、発酵食品などの酵素を含んだ食品を摂らなくなりました。そのため、悪玉菌が増え、絶え間なく消化吸収に働く腸が悲鳴をあげている状態になっています。

酵素ファスティングで腸内環境を整える

悪玉菌が増え、腸内環境が悪化した状態を改善するためには、酵素を多く含んだ食品を摂ることが大切です。体内酵素は年齢とともに減少していくので、食べる量を増やすにも限界があります。食べる量を増やすと消化吸収に酵素が大量に使われてしまうので酵素の補給には繋がりません。

そこで、酵素を補給しながら腸を休ませるファスティングがオススメします。日ごろ食べ過ぎているカラダを休ませ一度リセットして腸内環境を整える習慣づくりが必要というわけです。

腸と脳の関係

脳内のホルモンは腸でたくさんつくられています。つまり、腸内環境がよければ、脳のホルモンの元となるアミノ酸の吸収がスムーズになり、脳の機能が向上します。腸の働きをよくして、健康を維持するためには、しっかりと酵素を取り入れることが大切です。

腸と脳はお互いの影響を受けながら働いています『腸脳相関』について記事☜

まとめ

ダイエットの観点から考えると、”糖質制限”は手っ取り早く減量できてストレスも感じにくい方法だと思います。ただ、腸内環境を悪化させたり炭水化物中の食物繊維もカットすることで便秘を引き起こす可能性があることを理解したうえで行う必要がありますね。

腸内環境については腸内に存在している菌たちがお花畑のように見えることから別名で『腸内フローラ』とも呼ばれています。『腸内フローラ』のバランスは、日々の食生活や運動習慣、ストレスなどといった、様々な要因によって変化します。 バランスのいい理想的な『腸内フローラ』を維持したいですね。

腸内環境を整えるきっかけとしてファスティングが有効です。普段食べ過ぎな方には特におすすめします^^タイミングはいつがいいかと思われる方はこちらで紹介しています。

ご質問・お問い合わせはこちらから
▼登録特典▼
【ファスティング導入動画プレゼント】

友だち追加