味噌汁は救世主。発酵食品はカラダに良い事ばかり。

味噌汁

私たちの生活の中には発酵に関わるものがあふれています。味噌や醤油などの発酵食品はもちろん、医薬品や化粧品、飲料、さらには洗剤なども発酵の応用技術によってつくられています。そしてこの「発酵」を実際に行っているのが「酵素」です。

そもそも発酵とは?

発酵とは微生物の働きによって物質が変化し、人間にとって有益に作用する事をいいます。発行を行う微生物のことを総称して「発酵菌」といいます。発酵菌は、発酵中に香り成分や新しい味わい、色、栄養価を作り出します。これらの成分がとても美味しく、そして健康にもよく、食品の保存性も高まるため、「発酵食品」を積極的に摂取すると良いといわれています。

「発酵」と「酵素」の関係

最近では、健康や美容の面でも、発酵食品の重要性がいわれており、生活に欠かせないものとなってきました。この発酵を、実際に行っているのが「酵素」です。酵素は、生きていくうえでの体内反応に必要不可欠なものです。

〇発酵食品が身体に良いのは、発酵段階でつくり出される酵素のおかげです
〇発酵食品には身体に必要な酵素がふくまれており、免疫力がアップします。

発酵のメリット

香りや旨味が増す

発酵食品を美味しいと感じるのは、発酵を行う微生物により、元々の食材にはない独特の香りや味がうまれます。

栄養価が高まる

微生物が、食べ物を分解・発酵する時に産生される酵素の作用で、新しい栄養成分ができます。また、乳酸菌や酵母のように、発酵させる微生物自体にも健康にいい影響を与えるものがたくさんあります。さらに、発酵によって体内への食べ物の吸収率がアップします。

消化に良い

食べる前の時点で、微生物の働きにより、ある程度消化されているため、人間の身体に入った際はスムーズに消化吸収が行われるため消化酵素をあまり必要としません。

長期保存が可能

発酵によって増える微生物は、他の菌の繁殖を抑えて、その微生物のみを増やそうとします。そのため、腐敗の原因となる有害な菌の増殖が抑えられるため、保存性が高くなります。

まとめ

発酵食品にはメリットがたくさんあります。日本は世界から見ても、気温や湿度などの発酵に適した気候に恵まれた発酵大国といわれています。日本の発酵食品の特徴は「麹」を用いたものです。麹で作られている発酵食品は味噌、醤油、酒、みりんなど料理には欠かせないものばかりです。麹によって日本食の味ができています。そんな日本食の良さを、普段の食事に取り入れて、健康な毎日を続けていきましょう。

ご質問・お問い合わせはこちらから
▼登録特典▼
【ファスティング導入動画プレゼント】

友だち追加